機械部品加工製造東和パーツ株式会社

千葉県柏市燃結合金なら東和パーツ株式会社へ

トップページ > 燃結合金

取扱製品メニュー

カム式自動旋盤 焼結合金 mc nc 組立
お問い合わせはこちらから 0471933322

燃結合金

燃結合金とは

金属粉末を圧縮成形した後、融点の6割近くで加熱すると、個々の粉末は表面が溶けて、互いの粉末が結合して一体化をします。この現象が焼結で、焼結を利用して製造された合金を焼結合金と呼びます。 粉体の配合比が調整でき、用途に応じた材料をえる事ができます。

特徴

焼結部品は、量産化がしやすく、複雑な形状も作成でき寸法精度が良く複合材料部品や、混合金属種によって、さまざまな特性を合金に持たすことができます。成形時において、製品寸法が出せるので多くの切削加工が省けて低コストを実現できます。 更に後工程にて切削や熱処理することも可能ですので、応用分野は広範囲に広がります。また、金属粉を圧縮成形するので、金属粉の間にはピンホールが残ります。このピンホールに油を浸み込ませると含油軸受になり、ピンホールを大きくするとフィルターになります。

制作可能な素材

鉄系・銅系・ステンレス系・アルミ・チタン・リン青銅 他

製品の一例

ギア・歯付プーリ・軸受・フィルター 他

mc01mc02mc03