機械部品加工製造東和パーツ株式会社

千葉県柏市カム式自動旋盤加工なら東和パーツ株式会社へ

トップページ > カム式自動旋盤

取扱製品メニュー

カム式自動旋盤 焼結合金 mc nc 組立
お問い合わせはこちらから 0471933322

カム式自動旋盤

カム式自動旋盤とは 

カム式自動旋盤加工とは、材料を回転させ、刃具を使用し被削物を削ったり、穴を開けたり、溝を切ったりする工作機械のことをいいます。カム式は自由度が低いですが、主軸の周りを取り囲む様々な刃物が、カムの動きに連動して、切削を行っていきます。また、給材機により、一工程が終わると棒材が押し出されて来て加工が繰り返されます。材料が無くなると自動的に次の材料が機械に供給されて加工を続行します。加工が終わったら棒材から切り離し、製品の完成です。

特徴

当社では、長さ2.5mの棒材を何本も並べ1,000RPM~3,000RPM程度で回転させるのが、特徴の一つです。一つの品物を作るサイクルが、NC旋盤に比べて短く、一度セッティングしてしまえば、高効率な加工が出来ます。その為、単純形状の製品の場合にはNC加工に比べ安価に製作可能です。当社では、棒材φ1~φ10までの切削加工を得意としていますが、φ16まで対応可能です。

制作可能な素材

鉄・アルミ・ステンレス・真鍮・樹脂

製品の一例

シャフト・ピン・カラー・スタッド 他

mc01mc02mc03